? 転職した医師の成功事例 - ベストケア東京
医師 転職

転職した医師の成功事例

成功事例一覧

サイトマップ
TEL:042-357-3022

医師の転職成功事例

転職成功事例

転職を成功した医師の実話に基づく成功事例集

⇒転職成功事例へ

医師転職マニュアル

転職に失敗しないための秘訣 医師の転職マニュアル

医師ならではの特殊な転職事情について、経験豊富なエージェントがアドバイスします

⇒医師転職マニュアルへ
プライバシー保護方針
転職サービスお申し込み

お問い合わせ

お問合せ

電話またはE-MAILでのお問い合わせ・ご質問も受け付けております。お気軽にご連絡ください。

Tel: 042-357-3022
e-mailを送信する

ドクターズインタヴュー

無料メール相談室

職場のトラブル、転職に関する疑問や悩みに経験豊富なスタッフが応えます

無料メール相談室へ
転職の成功事例
#10 『代理人』
医師H  45歳  消化器内科
勤務先の病院の経営方針が変わり、肝臓のスペシャリストであるH医師は自身の専門を活かした診療が出来なくなりつつあった。現状の高待遇を維持ながら転職を希望するH医師のエピソード。
#09 『スピード』
医師K  36歳  消化器内科
転職先を見つけても、現在の勤務先が辞められないケースもある。特に医師の不足が著しいところに勤務するK医師の就職と退職の顛末について。
#08 『生涯現役』
医師M  67歳  循環器内科
67歳という年齢で、M先生は今後も常勤としての勤務を希望。その希望通りの転職先を見つけるまでのエピソードをご紹介。
#07 『転職の目的』
医師Y  45歳  総合診療科
総合診療科のY先生は、これまでにどの病院に勤務しても長く続かず、転職歴が多かった。次の転職先にもこだわらないY先生に、私がまずお話したのは目的を具体化してもらう事である。
#06 『こだわり』
医師H  45歳  呼吸器内科
今年45歳となるH先生は呼吸器内科医として研鑽を積み、現在は医局を離れて都内の急性期病院で活躍されていた。院長先生との確執に悩み、H先生は転職を決意された。
#05 『再就職』
医師K  64歳  消化器内科
来年には定年を迎えるM先生は、老健施設に再就職してのんびり働こうと考えていた。だが老健勤務の実態はそれ程楽ではない。キャリアをもっと活かせるワーク・スタイルについて考えた私は、人間ドック・健診の仕事を提案してみた。
#04 『ワーク・シェアリング』
医師M  40歳  神経内科 (女性)
5歳の子どもを持つ女性のM医師は、8年ぶりに再就職しようとしても、限られた勤務時間のために勤務先がなかなか見つからない。しかし同じ境遇いたもう一人の女医と共に、意外な方法で解決がありました。
#03 『指導医として』
医師M  37歳  消化器内科
都内の臨床研修病院に勤務されるM先生の表情は、梅雨空の様にどんよりしていた。M先生は10年目の消化器内科医師であり、現在の公立病院では内科の中核的な存在として... 続きを読む
#02 『都内勤務から北陸の病院へ』
医師S  38歳  消化器内科
「迷っているのです」開口一番S先生は切り出された。S先生は都内の私立大学を卒業後、消化器内科医として研鑽を積まれ、現在は都内の300床規模の急性期病院で活躍される38歳の医師である...続きを読む
#01 『転科』
医師D 48歳 脳神経外科
D先生と初めてお会いしたのは、クリスマスソングが流れる寒い日のことでした。第一印象として「お疲れになっているな」というのが正直な感想でした。D先生は地方の国立大学を卒業後、都内にある大学の脳神経外科講座に入局され、現在は医局派遣という... 続きを読む
copyright