ベストケア東京

医師の転職・求人・募集を支援します

医師の転職マニュアル

サイトマップ
TEL:042-357-3022
ベストケア東京 > 医師の転職マニュアル > 民間病院を退職するには

医師の特集求人

医師の転職成功事例

転職成功事例

転職を成功した医師の実話に基づく成功事例集

⇒転職成功事例へ
転職サービスお申し込み

お問い合わせ

お問合せ

電話またはE-MAILでのお問い合わせ・ご質問も受け付けております。お気軽にご連絡ください。

Tel: 042-357-3022
e-mailを送信する

無料メール相談室

職場のトラブル、転職に関する疑問や悩みに経験豊富なスタッフが応えます

無料メール相談室へ
医師の転職マニュアル
民間病院を退職するには

大学病院も医師不足ですが、一般病院はもっと深刻です。退職による医師の減少は病院の収益に大きく影響してしまいます。それゆえ、引き止め工作も厳しいものがあります。
「後任の医師の目途がつくまで、もう少し待って欲しい・・・」
「給与を上げますので・・・」
といった言葉と共に強力な引き止めがしばしば行なわれます。退職を表明した医師は、引止めのため事務長から食事の誘いを受けることが急激に増え、退職の意思を通すにも気苦労を感じることでしょう。
そこで、辞意を伝えるのは事務方ではなく、理事長・院長といったトップ交渉で話しをまとめる事をお勧めします。その際も当然ながら慰留されると思いますが、一度は「再検討する」という旨を伝えて持ち帰ると角が立ちません。
また、事務方の介入や引止めを防止するために、トップに辞意表明するときには「この話はまだ他の誰にも話していません。事務方をはじめ、他の職員には内密にしてください」と伝えておくのも有効な手段です。
copyright