ベストケア東京

医師の転職・求人・募集を支援します

医師の転職マニュアル

サイトマップ
TEL:042-357-3022
ベストケア東京 > 医師の転職マニュアル > 老健施設と療養型病院の注意点

医師の特集求人

医師の転職成功事例

転職成功事例

転職を成功した医師の実話に基づく成功事例集

⇒転職成功事例へ
転職サービスお申し込み

お問い合わせ

お問合せ

電話またはE-MAILでのお問い合わせ・ご質問も受け付けております。お気軽にご連絡ください。

Tel: 042-357-3022
e-mailを送信する

無料メール相談室

職場のトラブル、転職に関する疑問や悩みに経験豊富なスタッフが応えます

無料メール相談室へ
医師の転職マニュアル
老健施設と療養型病院の注意点

ゆとりのある職場環境を求めて、老健施設への転職を希望する医師は多くいますが、実際の老健勤務がそれほど楽とは言い切れません。老健では、基本的に医師一人で施設全体に対応する事になります。診療行為に追われることはなくても、毎日夜間オンコールを受け持つことになります。さらに今後は、療養型病床の削減に伴い、老健での医療行為の幅は広がることでしょう。老健への勤務は、後方支援病院の有無が重要なポイントです。オンコールの有無を含めて、実態をよく把握するべきです。
更に注意したいのは療養型病院への転職です。2012年までに38万床の療養型病床が22万床に削減される事が決まっています。しかし実態はなかなか病床の移行が進んでいないのが現状でしょう。早い段階から一般病床・回復期リハビリテーション病棟への移行を進めている病院もあれば、老健への転換を計画している病院もありますが、まだ社会・政治の動向をうかがって変化する事が出来ない病院も多と思われます。療養型病院への転職を検討する場合、その経営者が時代に応じたヴィジョンを持っているか、自身の将来のために知っておくべきです。各病院は医療必要度の高い患者を集める事が、生き残るための必須条件です。医師はそのあたりも認識して転職を考えなくてはなりません。
copyright