ベストケア東京

医師の転職・求人・募集を支援します

医師の転職マニュアル

サイトマップ
TEL:042-357-3022
ベストケア東京 > 医師の転職マニュアル > リスクのある「院長募集」

医師の特集求人

医師の転職成功事例

転職成功事例

転職を成功した医師の実話に基づく成功事例集

⇒転職成功事例へ
転職サービスお申し込み

お問い合わせ

お問合せ

電話またはE-MAILでのお問い合わせ・ご質問も受け付けております。お気軽にご連絡ください。

Tel: 042-357-3022
e-mailを送信する

無料メール相談室

職場のトラブル、転職に関する疑問や悩みに経験豊富なスタッフが応えます

無料メール相談室へ
医師の転職マニュアル
リスクのある「院長募集」

「クリニック院長募集」という求人があります。多くの場合は医療法人が募集しており、「管理者」としての院長を募集しています。ところが中には、一般企業が「開設者・管理者」を募集していることがあります。同じように院長を募集しているようでも、こちらは雇用上の問題がまったく違うため注意が必要です。
本来一般企業が医療機関を運営することは出来ないため、一般企業が医師を募集すること自体が意外な感がありますが、実際には少なくありません。具体的には、エステ経営者が美容クリニックを開設する場合がこれに当たります。医療法人であれば、開設者の名義はその医療法人の理事長となるところですが、一般企業の美容クリニック開設の場合、雇われ院長が個人開業をするという形態をとり、開設者と管理者の名義はその院長となります。そして何か問題等があった場合には相応の責任をとることになります。保健所の申請はもちろん、医療機器のリースにも雇われ院長の名義が使われます。医療事故の発生や経営が破綻した場合には責任を負う立場になります。収益については、一度院長のもとに入り、母体の会社へ医事委託・コンサルティング費用として支払われる形をとることが多く、納税のニュアンスも変わってきます。
「クリニック院長募集」には、より大きなやり甲斐や達成感を得ることもできますが、これらのリスクにも慎重にならなければなりません。
copyright