? ドクターズ インタヴュー(大圃研先生) - ベストケア東京
ベストケア東京

ドクターズ インタヴュー

サイトマップ
TEL:042-357-3022
ベストケア東京 > ドクターズ インタヴュー > 第7回 NTT東日本関東病院 消化器内科医長 大圃研 先生

ドクターズインタヴュー

PICK UP求人・募集

PickUp求人photo

医療法人社団めぐみ会
成果次第で2000万以上可能。成果報酬型の給与と大型クリニック内のグループ診療が特徴。

募集: 内科、糖尿病、脳神経外科、整形外科、小児科等

勤務地: 東京都多摩市、東京都八王子市、自由が丘、目黒、杉並

医師の転職成功事例

転職成功事例

転職を成功した医師の実話に基づく成功事例集

⇒転職成功事例へ

医師転職マニュアル

転職に失敗しないための秘訣 医師の転職マニュアル

医師ならではの特殊な転職事情について、経験豊富なエージェントがアドバイスします

⇒医師転職マニュアルへ
プライバシー保護方針
転職サービスお申し込み

お問い合わせ

お問合せ

電話またはE-MAILでのお問い合わせ・ご質問も受け付けております。お気軽にご連絡ください。

Tel: 042-357-3022
e-mailを送信する

無料メール相談室

職場のトラブル、転職に関する疑問や悩みに経験豊富なスタッフが応えます

無料メール相談室へ
ドクターズインタヴュー#07 大圃研

大圃研 NTT東日本関東病院
消化器内科
内視鏡部部長
大圃研 先生


1974年生まれ。平成10年日本大学医学部卒、卒後よりJR東京総合病院に勤務し、平成19年からNTT関東病院に移る。食道・胃・大腸まで全ての消化管の早期癌に対する内視鏡治療(内視鏡的粘膜下層剥離術:ESD)を得意とし、本邦でも屈指の症例数を有している。全国様々な施設から内視鏡治療の依頼を受け、多忙の日々をおくっている。若手でありながら後進の教育にも熱心で、これからの内視鏡の世界を牽引していくドクターの一人。

医師を目指したきっかけは?


格好いい話ってないんですよ。僕のところは父親も祖父も祖母も皆医者で、一族代々と3代医者が続く家系なんです。一族全員医者で開業をしていて、そこに長男として生まれましたから、小さいころから「お父さんの跡を継いで、医者に」と言われて育ってきているんです。自然と医者になる環境だったんですね。

家は入院設備のある病院で、毎日父親は隣で手術をしているわけです。部屋の中には手術の写真とか取った胆石なんかがごろごろ置いてあるような家だったんです。病院と直通電話で繋がっていて、24時間呼び出し音がなっているのが当たり前の家でした。子どものころは、何になりたいというよりも医者になるしかないという環境でした。何となく周りからは尊敬されている職業らしいと感じていて、自分でも医者になるのは全然嫌ではなかったし、ごく当たり前のように医者になった感じです。


崇高な志はなかったが


学生時代は猛勉強したかというと、それほど苦労はしていないです。お酒飲んで遊んでばっかりで、人の命を救という崇高な志を全然持たないまま医者になってしまった。でも正直なところ、大半の人はそんなところじゃないですか。

研修医になってからはどうかというと、やっぱりふざけてましたね。人に言われたことをやっていただけですから。ただ、遅刻なんかをするわけではないし、もともとやることは一生懸命やるタイプなんです。物凄い凝り性で、始めたことにはのめり込むんです。学生のうちは遊ぶのが楽しかったんですが、医者になったら、今度はこっちで一番になりたいという思いが出てきたのは確かですね。

 

無給の時期


僕は特殊なキャリアを歩んでいて、医局に入らずにきているんです。現在の日本の医局制度の中で、特に当時医局に所属せず単身でいくのは非常に安定しない道なので、大学の医局に入らない人はまずいなかった。僕に安定という感覚が欠けていたのかもしれないけど、大学に何のために戻るのかまったく解らなかったんです。それよりも、自分のいた病院に教わりたい指導医がいて、やりたいことをひたすらやっていった感じです。それが、そのころ始めた内視鏡ですね。


研修が終わった後も非常勤の嘱託という非常に不安定な身分で病院に残りました。当時は現在のような後期レジデントというポストはなくて、実は最初は無給の研修生のような立場でしたね。当時の病院でも前例のない立場で、正規の医局員扱いではなく、保険も国保という状態です。あまりにひどい待遇で周りの人からは辞めた方が良いとも言われたんだけれど、「この先生に教わりたい」という思いだけでやっていました。


では、医局に入らなかったことに後悔もありましたか?


当時は夢中でそんな事考える暇はなかったので、それは全然ないです。今振り返っても、どちらが良かったかなんて分からないと思っています。医局に入っていなかったからこそ今があるのかもしれないし、医局に入っていたらまた違った医者としての人生はあったでしょう。正直どちらが良かったかなんて比べられないので考えるだけ時間の無駄と思ってますね。ただ右へ倣えで人と一緒の道にという考えはないですね。それで嫌なことがあると、後悔してもしきれない。僕は凝り性で夢中になると、極めるところを極めるんです。


内視鏡に没頭


いずれにしても無給というのは特殊ですね。平日にアルバイトも出来たんですが、原則断っていました。勉強するために残っているのにアルバイトしていては意味がないですから。土曜の昼から月曜の早朝までの当直のアルバイトを月に2回やって生計を立てていました。それでも別に生活は苦しくないんですよ。朝から晩までずっと病院にいて、お金を使うことがないですから。しばしば病院で寝泊まりしていますし。そんな風だから、飲んで遊ぶっていうのはピタッと止まりましたね。

大圃医師

でもその頃には「人を救う」という立派な志にまではまだ至っていなくて、ただ内視鏡が単純に面白かったんです。僕は頭が悪いので、採血結果とか検査データなんかをいじくり回してばっかりいるのは好きではないんだけど、内視鏡は完全にテクニックの問題ですから、そういうのが面白かったんですね。元々指先が器用だったんですが、それをもっと上手にもっと上手にと、夢中でした。


それから、朝は誰よりも早くから病院に行くようになりました。早朝6時台から病棟を周って、カーテンを開けながら回診していましたね。とにかく朝のうちに仕事を終わらして、上の先生たちが9時に検査を始めるのに間に合うようにしていました。そうやってとにかく沢山経験を積みました。内視鏡は数をこなして、上手なものを沢山見ないと上達しない。午前中に病棟で仕事していたら検査はほとんど見られないから、とにかく早く来て仕事を終わらせていました。それに、後でもできる書き物の仕事なんかは昼にやらずに全部夜にやっていました。内視鏡医は病室よりも日中の内視鏡室が一番の現場で、そこが何より貴重な時間ですから。


粛々とやるということ


今は教える側になった訳ですが、僕は自分が要領のいい切れ者だと思ってないんです。だから僕はズルをせずに地道に粛々と頑張る人を可愛がっています。自分がそういう風だったから信用が出来るし、将来ものになると思って一生懸命教えます。そういう人は大体どんくさいから(笑)よく怒るんですけど、僕の評価基準ではすごく高いですし、そうやって粛々とやっていれば必ず道が拓かれると思っています。


僕が無給でやっていたときも、誰にも文句も言わずにただ必死でやっていました。実際ひどい待遇と言われていましたが、当の本人は正直気にしてなかったんですね。無給だからこれ以上の仕事はしないとか、何でこんなことしなきゃとか、損得勘定で仕事をしていたら耐えられなかったでしょうけど、仕事をセーブすれば結局自分の向学という意味では損をするだけですからね。
また、患者さんを通じて多くの経験をさせてもらって、医療を学んでいる立場でお金を貰うこと自体にも抵抗がありました。


ただ、そうやっているうちに、他の科の色んな先生が僕の待遇を見直すように働きかけてくれたんです。「あんなに頑張っているんだから、何かポストをあげよう。少しは給料が出るようにしよう」と、気が付いたらいつの間にか応援してくれる先生が出てきたんです。粛々とやっていればいつの間にか道が拓けてくるんですね。それに損得考えずに一生懸命やっていたからできたんですが、今思えば確かにひどい待遇だったなと思います(笑)。だから人には勧めないです。でもその時はそんな感覚はなくて、自分のやりたいことしか考えてなかったから、不満とか不平なんてなかったです。お金のために働いている感じでなかったですから。


原則断酒しています


ところで、学生時代には物凄く酒を飲んでいたんです。でも研修が終わった頃から、10年ぐらいほとんど飲まず、原則断酒にしていました。研修医のときは言われたことをやるだけなので、飲んで二日酔いだったとしても仕事ができるんです。ところが、3年目になり少しとはいえ自分の判断が必要とされてくると、二日酔いとそうでないのとでは明らかにパフォーマンスに差が出てくる。すると患者さんに影響がダイレクトに行くんです。だから、これはもう酒を飲んじゃいけないと思って、スパッとやめました。

酒を飲むのがいけないという訳じゃない。けど、二日酔いでも気合い入れてやれという根性論を出すよりも、二日酔いにならずにやる方が絶対に良いんです。僕らはプロなんだから高い意識を持ってやるべきだと思います。極端かもしれないですが、オリンピック選手が二日酔いで試合には出場しないのと同じです。


それに、自分の当直の他に、4人の先輩の先生の当直にも一緒になって泊まっていたので、酒を飲んでる場合じゃなかったというのもあります。1週間連続で当直することもざらだったんです。良い先生が多かったですし、そうやっていれば色んなケースに出会えるので、内科医としての経験になります。経験をしたかったから、喜んでやっていました。後期研修みたいなことを無給で一人でやっていたんですね。一人しかいなかったから、皆が僕に仕込んでくれた。だから人よりも何倍も多くの事を早く経験できたと思います。


内視鏡的粘膜下層剥離術


ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)が日本で開発され最初に行われたのが1998年で、僕がやり始めたのが2000年です。当時はやったことがある人はほとんどいなかった。ESDはその時代では、革新的過ぎたというかアグレッシブ過ぎていて危険な治療だとも言われていました。

それをたまたまやる機会があって、技術的にも興味が持てて、今まで外科手術を受けていた多くの患者さんが内視鏡で治療できるようになりました。それでなければ治療出来ない患者さんもいて、遣り甲斐がありました。ESDの創世記の頃は、7〜8時間もかけて内視鏡をすることも珍しくありませんでした。当時は内視鏡を何時間もやることはなく、そんな治療は長すぎて危険だと周囲から言われていましたが、粘り腰で粛々とやっているうちに、少しずつ成績が出てきました。だんだん好評を得て徐々に多くの患者さんが紹介されるようになり、全国の病院からESDを見たい、学びたいと言われるようになりました。

また、この頃になると年間何十人、何百もの癌の治療をする様になる訳ですが、患者さんにとっては一生で一度、初めての癌の人がほとんどです。そう思ったらいい加減な姿勢での治療なんかされたらたまらないですよね。患者さんは僕の心身の状況は分からないかもしれませんが、常にベストの状況で治療に臨むようにしています。


大圃医師

ここまでずっとたった一人でやってきたんですが、一人で出来る医療には限界も感じていました。卒後11年目でしたが自分でチームを持って治療をする機会を頂けるという事で、NTT関東病院に移動しました。初めて病院を移動しましたが、5,6人のスタッフを育成しながら医療に関わっていくようになりました。ESDに関してはここは現在トレーニングセンターとして認識されています。症例が多いし、若い先生にどんどんやってもらっています。他の病院では若い先生は雑用ばかりでなかなかやらせてもらえないようですが、これは技術の習得の問題なのでやるなら若いほどいいと僕は思っています。

そして僕が必ずマンツーマンで常時バックアップするようにしています。腹を開く外科の手術に比べると、内視鏡はハードルが低く考えられがちですが、僕は内視鏡でも同じように、若い人が一人前になるまでバックアップしなければいけないと思っています。

僕が一人でやれる数は知れています。一生懸命に修練すれば特殊なケース以外はみんな出来るようになる筈です。年間何百何千という患者さんを救うためには、出来る人の数をどんどん増やしていかないといけないと思っています。

だから僕は出し惜しみしないです。何でもかんでも教えちゃう。「また苦労をさせずに教え過ぎちゃったよ」ってよく言っています(笑)。


突き詰めれば広がる


先生の働きを見ているとスーパーマンの様にも見えるのですが。


興味のあることをしていたら、みんなやれると思うんですよ。やっぱり内視鏡が好きなんでしょうね。人から、趣味は内視鏡だとか、内視鏡を抱いて寝ていると言われます(笑)。

ただ内視鏡にしても、ある程度数をこなしていれば、そこそこできるようになるんですが、すぐ頭打ちになって飽きちゃうんです。でも必死になってのめり込んでやれば、次のステージがどんどん見えてくるんですね。一生懸命やっていると、幾らでも先が出てくるから、少なくとも僕にはまだ終点が見えない。

僕の場合はたまたま内視鏡に進んだけれど、違う分野でも同じなんだと思います。突き詰めていけばどんな分野でも面白さがどんどん出てくる筈です。


そうやっていくことが結果的に人を救うことに繋がっているのではないでしょうか。


確かに一生懸命やっているうちに、気付いたら色んな人に感謝してもらえる立場にはなっていましたね。最初のうちは感謝されてもあまり実感がわかなかったけれど、技術を積んできて、自分がそれなりものを提供できたという自信や自負が生まれると、やっと人のためになっているという実感が出てくるんですね。さらに、他の病院では治療出来ないという患者さんが出てきたら、これは何とかしてあげたいと燃えますよね。やっぱりもう酒を飲んでる場合じゃない。


他に何か息抜きなどは心掛けているんですか?


治療が上手く行っただけで気分爽快です。今はまだ夢中ですから、あんまりそういうのは必要ないですね。

それに、今はとにかく人を育てることが面白くなっています。自分が一人でやみくもに働くよりも、出来る人を増やしていく方が沢山の患者さんが救える筈です。そういう人がどんどん育っていくのが嬉しいです。




ドクターズインタヴュー 一覧へ

copyright